Utaブログ

個人的に気に入ったボドゲやゲームを紹介!

カードゲーム ゲーム

完全日本語版が2種類発売!こっそり自分の陣営を強化しよう【モンスターズvsヒーローズ】

投稿日:2020年7月18日 更新日:

こんにちは。トータです。

この記事では2020年7月16日に発売された完全日本語版の「モンスターズvsヒーローズ ~ヴィクトリア朝の悪夢~ 」と「モンスターズvsヒーローズ  ~深淵よりの覚醒~」を紹介しています。

最初に共通する部分を説明してそのあとに2つのボードゲームの違いについて説明していきます。

それではどうぞ。

 

モンスターズvsヒーローズ

  • プレイ時間:10~30分
  • プレイ人数:2~8人
  • 対象年齢:8歳以上

「モンスターズvsヒーローズ」はモンスター側の陣営とヒーロー側の陣営に分かれてプレイするゲームです。

簡単にルールを説明すると自分の手札を出していき、カードに書かれている効果を発動します。

カードを出すことによって効果の発動と同時にそのカードは自分の獲得札になります。

最終的に自分の陣営を多く獲得しているプレイヤーが勝利なのですが敵の陣営のカードを持っていると失点になってしまいます。

もちろん、カードの効果には相手を妨害する効果もありますので、積極的に自分の陣営ばかり獲得していると自分の陣営がばれて妨害されてしまいます。

うまく正体を隠しながら進めることも大事なのでバランスをとりながらプレイしていきましょう。

 

モンスターズvsヒーローズ ~ヴィクトリア朝の悪夢~

アークライト モンスターズvsヒーローズ ~ヴィクトリア朝の悪夢~ 完全日本語版

「ヴィクトリア朝の悪夢」の舞台はロンドンのヴィクトリア湖です。

陣営は「英雄」と「怪物」です。

基本的なルールは同じです。

カードは「スコットランドヤード」などの英雄や「ドラキュラ伯爵」などの怪物のロンドンっぽいカードがそろえられています。

「英雄」もしくは「怪物」の陣営として最大の勢力を結成しましょう。

 

モンスターズvsヒーローズ ~深淵よりの覚醒~

モンスターズvsヒーローズ 〜深淵よりの覚醒〜 完全日本語版

「深淵よりの覚醒」の舞台はクトゥルフ神話の世界です。

陣営は「探索者」と「怪物」です。

こちらも基本的なルールは同じです。

カードは「教授」や「大学の生徒」などの探索者と、インスマスという架空の町に住む「インスマスの住人」などのクトゥルフ神話に登場する怪物のカードがそろえられています。

「探索者」もしくは「怪物」の陣営として最大の勢力を結成しましょう。

 

最後に

この記事では「モンスターズvsヒーローズ ~ヴィクトリア朝の悪夢~」と「モンスターズvsヒーローズ ~深淵よりの覚醒~ 完全日本語版」の2つを紹介しました。

ルールは同じなので後は購入する人の完全な好みですね。

迷っている方は2つ購入してもいいかもしれません。

2つ混ぜてプレイすることもできますのでまた違った展開を楽しむこともできると思います。

-カードゲーム, ゲーム
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【VALORANT】ZETA DIVISION所属 TENNNの設定・感度紹介

この記事ではZETA DIVISION所属のTENNN(テン)選手の設定、感度、使用デバイスを紹介しています。 TENNN選手はとにかくエイムが良く、不利な状況でも難なく敵をキルしていきます。 フリッ …

トロフィー

「日本ボードゲーム大賞2019 投票部門」の3位までの受賞作品を紹介!

こんにちは。トータです。 この記事では日本ボードゲーム大賞2019の投票部門で受賞したボードゲームを大賞から3位まで紹介しています。 投票部門は一般の人の投票で決定されます。イベントに参加した人やホー …

囲碁をもとに考案されたボードゲーム「ツィクスト」

こんにちは。トータです。 この記事では「ツィクスト」というボードゲームを紹介しています。 「ツィクスト」はボードゲームデザイナーのアレックス・ランドルフが日本に引っ越した翌年に囲碁をヒントに考案しまし …

謎を解き明かせ!推理系ボードゲーム「パラノーマル・ディテクティブ」

こんにちは。トータです。 この記事では2020年7月16日に完全日本語版が発売されたボードゲーム「パラノーマル・ディテクティブ」を紹介しています。 「パラノーマル・ディテクティブ」は数少ないヒントから …

ドクロの画像

ブラフで盛り上がる!ゲーム好きのぼくが最もハマったボードゲーム【スカル】

こんにちは。トータです。 この記事ではぼくがボードゲームに再びはまったきっかけである「スカル」を紹介していこうと思います。 ルールはシンプルですが奥が深いので誰でも楽しむことができると思います。 それ …